看護師管理職求人ランキング<管理職志望の看護師さん必見>

看護師管理職求人 TOP >> 施設別の看護師管理職求人 >> 一般病院の看護師管理職求人

一般病院の看護師管理職求人

求人サイトにおいて一般看護師よりも、管理職の募集は少ないのが現状です。しかも公開されていないものが大半であり、看護師専門に扱う求人サイトに登録したうえで、求人内容を紹介してもらうというのが管理職求人の見つけ方といえます。

病院側が一般公募にしないのは、幾つかの理由があります。管理職は人材の代わりを探すのが難しいという点がまず第一です。管理職というものは長年勤務を続けてきた看護師が、実績を積んで昇進するのが妥当となっており、ヘッドハンティングをされるなどして有能な人材と認定されないかぎりは、外様の看護師を管理職にすえることはまずありません。一般的に看護師の需要は多く、面接を受ければ採用されるケースが多いですが、管理職ばかりはそういう状況ではありません。しかし、急を要する場合などは求人欄などで件数は少ないですが募集がかかることがあります。

どんな人物が適切とみなされるのか、採用となるのかを詳しく見ていきましょう。スタッフの管理や育成が、病院幹部職に課せられる仕事です。新人教育をはじめ、中堅からベテラン看護師まで正しく業務に取り組ませるのが大きな役割といえます。彼らを奮い立たせて、間違いなく業務を遂行させることが管理職の責任といえます。もちろんそれに見合った専門知識や看護実績も必要になってきます。しかし実績を引き下げて、求人情報誌などの求人に個人的に応募しても、面接などで募集と違った内容を提示されるケースも少なくありません。管理職として応募したものの、一般の看護師と同じ仕事を与えられたもしくは、「はじめからは管理は負かすことはできない。」「まずは、看護師として1年間は働いてほしい。」などと勤務させられるケースもあるようです。

管理職の看護師として働きたければ、まずは求人サイトのコンサルトなどに相談し、病院の採用状況などを確認してみることをおすすめします。師長などのポストもはっきり説明を受けたうえで、実際に面接を試みることが大切といえます。

また、もともと少ない一般病院の看護管理職ですから、応募に対して迅速な対応が求められます。応募が出されたらタイムリーに情報を知ることが就職を成功させるカギといえます。一般病院の管理職の応募が出た時点で、連絡を頂けるよう求人サイトに登録をしたうえで、コンサルタントに連絡をお願いしておくことが必要になってきます。少ない求人の中から、希望の管理職に就くためにはそれなりの情報網をはっておくことが重要です。自分の就職を実現させるためにも、ありとあらゆる手段を活用するよう心がけましょう。

>>【看護師管理職求人サイト人気ランキング】をTOPページで見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師管理職求人ランキング<管理職志望の看護師さん必見> All Rights Reserved.