看護師管理職求人ランキング<管理職志望の看護師さん必見>

看護師管理職求人 TOP >> 看護師の管理職の基礎 >> 看護師の管理職の役割

看護師の管理職の役割

看護師の管理職というものは、誰にでもなれるようなものではありませんよね。看護師の管理職として求められる役割を把握することができれば、現在の自分に足りない部分を補い、管理職へとキャリアアップすることができるでしょう。ここでは、管理職に求められる役割についてご紹介していきましょう。

まず管理職は、看護主任であろうが、看護師長であろうが、看護部長であろうと、看護部というひとつの組織を統括するという役割が求められます。ひとつの医療機関には、さまざまな看護師が存在します。この道何十年というベテランの看護師もいれば、まだまだ成り立てのよちよち歩きの看護師も存在するのです。それぞれの看護師が、看護業務を円滑に行なっていき、看護の質に差ができないように、上手に束ねてまとめあげていくという役割を求められるのです。

看護はもちろん、医療というものがチームワークで行なっていくものですから、チームをまとめる役割を担う人間が必要になってくるわけです。看護部門においては、それが看護師長であり、看護部長の役割になってくるわけですね。管理職の重要な役割といえば、人材の育成でしょう。新人看護師や、看護師経験があっても別の医療機関などから転職をしてきた人間。また古くから在籍している人間、それぞれの個性を見極めながら、働きやすい環境というものを作っていく。このようなことが管理職の仕事になってきます。

看護師としての責任感や向上心をしっかりと持たせてあげること。組織の一員としてのチームワークの大切さなどを説き、人の命の尊厳の大切さというものを現場の教育を通して指導をしていくことが、管理職としての重要な役割であるといえるでしょう。

時に患者さんと看護師の間で意思の疎通がうまくいかない場合も出てきます。こういった場合には、その場面を見逃すことなく、時には厳しく注意をし、時には優しく包み込んであげるというアクションを起こす必要があるのです。つまりは、先生であったり、親のような存在であるということなのです。患者さんに注意を払うなどの今までの仕事に加えて、現場で働く看護師にも細心の注意を払い、さまざまなケアや指導を行なっていくということが大事になってくるのですよ。管理職の人柄によって、下で働く人間の離職率も左右されるという事実がありますから、注意していきたいところでしょうね。

>>【看護師管理職求人サイト人気ランキング】をTOPページで見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師管理職求人ランキング<管理職志望の看護師さん必見> All Rights Reserved.