看護師管理職求人ランキング<管理職志望の看護師さん必見>

看護師管理職求人 TOP >> 看護師の管理職の基礎 >> 看護師の管理職の悩み

看護師の管理職の悩み

どの職種でもいえることですが、スタッフの統括を任される管理職は一般スタッフにない重圧があります。新人の教育から現場の指揮まで背負っている仕事の苦労は並大抵なものではありません。部下の犯した過ちの尻拭いをしなければならない時もあります。職場の体裁は管理職に懸かっていると言っても過言ではありません。

病院経営の中枢を担う看護師の管理職は悩みも多いものです。過酷労働といえる管理職も実際にあり、やめるといった選択肢を選ぶ方も増えています。看護師全体の90パーセントは女性が占めていますので、結婚・出産という適齢期でフェードアウトする方も少なくありません。指導や育成といった点でも問題点は多いといえるでしょう。加えて出勤時間が昼夜逆転になって不規則になると、どうしても体力勝負となりますから、十分な覚悟と気力がなければ続けてはいけません。まして管理職に就いているのであればなおさら、こうした悩みは必然的に増えてくるといえるでしょう。

看護師の管理職をしていて嘆かれる悩みの一つは、新人看護師と求められる医療でのギャップがあまりにもありすぎることでしょう。もちろん、そうした看護師を育成していくことも管理職の役目といえますが、看護師の離職というものは約1割を超えるといわれており、看護師を自分の職場に定着させることも大変な気苦労といえます。新人ナースの相談にのったり、中堅看護師の負荷を和らげるなど管理職としての力量が求められ、重圧となってくることもあります。

看護師の育成ばかりが悩みではありません。平のスタッフから仕事ぶりを逐一観察される立場となり一切の手抜きは出来なくなります。リーダーの資質を問われる場面に出くわす事は日常茶飯事であり、不始末をするようであれば周囲からの風当たりは強くなります。中間管理職であると上司からの命には忠実に従い、部下のスタッフに示しのつく振る舞いが必然的に求められたりと気の休まる時がありません。責任と人望の厚さがものをいう役職なのです。

また、病院内の内部的事情により、人事異動を余儀なくされることもあります。経験の少ない課を任されることもあり、思うようにリーダーシップを示すことができずに、新人看護師や経験豊富な看護師から、疑問視されることもあるようです。人員が少ないことから、看護師長などに急に昇進させられるケースもあります。管理職として経験が浅い方が、昇進してしまうと統括する能力の不足が原因で、看護師に迷惑をかけてしまうのでは、という悩みも少なくありません。

職場に女性が多く、プレッシャーのかかるポジションですので、看護師それぞれの性格や接し方を見つけ、瞬時に統率する能力が必須となってきます。医療現場における判断力が求められるだけでなく、人間関係においても優秀な人材が求められることになるのです。管理職ですから、困った時に相談する相手がいないことも悩みといえます。一人で解決していく強い精神を持ち続けることも悩みとなるケースが多いようです。

>>【看護師管理職求人サイト人気ランキング】をTOPページで見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師管理職求人ランキング<管理職志望の看護師さん必見> All Rights Reserved.