看護師管理職求人ランキング<管理職志望の看護師さん必見>

看護師管理職求人 TOP >> 看護師の管理職の基礎 >> 看護師の管理職の年齢

看護師の管理職の年齢

全国的に見てもとても解決が出来ないほどに深刻化してしまっている看護師の人材欠如に関してですが、都市部の場合はまだまだ人材の確保が出来ているにしても地方の場合になりますと非常に厳しい現状があるようですね。それでも、すべての地方において人材問題が深刻であると言う訳ではなく、しっかりと地域医療政策に力を入れてきた地方公共団体及び自治体になりますと人口比でもかなりの看護師人材を確保できているでしょう。

しかし、どの地域においても看護師における管理職の人材となりますと、人材不足どころか空いたポストが少ない現状の方が多くなります。これはいかに患者さんと接する一般の看護師が足りないかを示すものでもありますね。

そんな看護師の管理職ですが、一般的にどのようなものが存在しているのでしょう。そして管理職にはどれくらいの年齢の方が就くものなのでしょう。

・看護部長
・看護師長
・看護主任

この看護部長と言うのは非常に大規模な医療機関に多い職です。看護部の下にある各病棟すべてを管轄する事実上トップの看護師と言えるべき存在で、どれくらいの年齢の方がこのポジションに就いているかというと、キャリアの早い方になれば40代で上り詰める方もいます。

また、この看護部長と混合されるのが看護師長ですが、小規模な病院になりますと看護師長がトップであることも多くなるのも事実です。上記の大規模な医療機関特に総合病院となりますと、各病棟を管理するのが看護師長となりますので看護部長に比べますとランクは落ちると言えるでしょう。この看護師長には通常30代の中ごろから就任するケースが多いようですね。

その次に看護主任ですが、医療機関によっては副看護師長と呼ばれる場合もあります。通常入職から10年を経過すると就任を任されるようになります。主に、30歳になるくらいが多いと言ったところでしょうか。

このようなケースを見ても分かるように、看護師の転職においては管理職の場合になると主にその医療機関の生え抜きのとしての人材が就任することも多いために難度が非常に高くなります。とりわけ大規模な医療機関ではそれが非常に著しくなっていて、管理職としてのステップアップをしたい方はこの点を強く留意すべきですよ。

その際に少しでも円滑に管理職として、または管理職を目標にしやすい看護師の転職を行っていくのであれば転職エージェントなどのサービスを積極的に活用して行くことが宜しいでしょう。個人の力だけで目指していくのはさすがに効率の面から考えても大きな限界がありますので、無料で登録が出来るサービスを使ってリラックスした活動を心がけてください。

>>【看護師管理職求人サイト人気ランキング】をTOPページで見る!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 看護師管理職求人ランキング<管理職志望の看護師さん必見> All Rights Reserved.